ギターサミット2020メーカー紹介~Taylor~


こんにちは!
この度、ギターサミット2020にてTaylorのブースを担当させて頂きます鎌田です!

ギターサミットってなんぞや?
という方はまずこちらをご覧ください!!


こんな感じでアコースティックギター、エレキギター、ベースがたーーーーくさん集まるとても楽しい楽しいイベントなのです(^^)/


そんな大規模なイベントの中、私は皆様ご存じのTaylorを担当させて頂きます!光栄です!

まだTaylorについてあまり詳しく知らない方に少しだけご紹介させて頂きます!!

全米トップクラスの販売数を誇る「Taylor Guitars」とは?

ボブ・テイラーとカート・リスタグの2人によって1974年にカリフォルニアに創設したギターメーカーで、今年創立46年を迎える老舗ギターメーカーです。

アメリカでトップクラスのシェアを誇り、日本でも大変多くのミュージシャンに愛用されています。


特徴は何といってもプレイアビリティの高さと豊富なラインナップでしょう!

追及されたプレイアビリティ

テイラーギターが世界的なアコースティックギターブランドに成長した理由のひとつとして、常に安定した弾き易さを提供できる調整可能なネックジョイントシステムがあげられます。

このネックジョイント構造は、“テイラーネック”と呼ばれ2001年以降のすべてのテイラーギターに採用されています。

特許を取得したボルトとウッドシムによって固定されるセットアングルの調整可能なデザインは、ギター業界の多くのベテラン達からも、現代のギター製作として最も偉大な革新的トピックスであると称賛されています。(Taylor社HP参照)

アコースティックでネックジョイント???

そう思われた方も多いかもしれません!そうです、すごいんですこれが!!

弦高の高さ、ネックの角度をウッドシムによって調整可能!これによってプレイヤーの希望を極限まで追求することが可能となりました。


豊富なラインナップ

100シリーズから900シリーズ、プレテーションシリーズ、またミニアコースティックギターなど、様々なラインナップがあり、ほとんどのモデルにエレアコとアコースティックの両方をラインナップしています!

学生の方から大人の方まで幅広く愛されている理由の1つとも言えますね!


未来の自然を守る自然保護活動

Taylor Guitarsでは会社全体で自然保護活動にも取り組んでいます!

ギターにとって木は命そのもの。自然に負担の少ない天然資材を使ったり、大規模なリサイクルを行う環境保護にも熱心に取り組んでいる企業なのです!!

我々島村楽器でも環境負荷が掛かりにくい素材で作られた楽器の販売を通じて環境保全活動に取り組む『Evergreen Project(エバーグリーンプロジェクト)』を行っており、このプロジェクトに共同創設者ボブ・テイラー氏が賛同してくれたことで、コラボレーションモデルも発売となりました!

「LTD EG Academy 12e」(写真左)と「LTD EG Academy 12e-N」(写真右)



ギターサミット商材

【Taylor】ギターサミット2020 展示商品紹介


随時商材についてはブログで更新していきますのでHPのブックマークをお忘れなく!



こんな商材弾いてみたい!!こんなギター無いの?

というご意見どしどしお待ちしております!

島村楽器 綾川店の鎌田までぜひご連絡下さい(^^)/

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。