【アコーステックギターイベント】9/24 FEEL THE MATON GUITARS レポート♪

皆様はじめまして!
新人の中西と申します!
9月24に開催されたMatonのイベントに携わらせて頂き、皆様にその様子をお伝えする役目を任されました!

至らぬ内容になるかと思いますが、どうか温かい目で見てやってください!

先月の9/24(月・祝)に綾川店で「Feel the Maton」を開催いたしました!
そして今回お越しいただいたゲストの方は井草聖二さんです!
中西は初めてお会いしましたが爽やかで人柄の良さが溢れ出ていました!

ココでまずは井草さんのご紹介!

井草聖二

アコースティックギタリスト/作曲家
牧師家庭に生まれ幼少より讃美歌、ゴスペルに親しむ。
11歳でドラム、15歳よりギターを始める。
高校卒業後、甲陽音楽学院に入学。
音楽理論、作曲理論を学ぶ。

2009年 アコースティックギターの全国大会FINGER PICKING DAY2009に出場「最優秀賞」「オリジナルアレンジ賞」を受賞 。

20歳でプロデビュー、ファーストミニアルバム 「introduction」リリース。

2009年 Tommy Emmanuel ジャパンツアーでオープニングアクトを努める。

2010年 米カンザス州で開催された世界規模のギターコンテスト、39th Walnut Valley Festivalに日本代表で出場。Top5に選ばれる。

2011年 Joe Robinson ジャパンツアーでゲスト出演

ソロ・ライブ演奏の他、TVやラジオの音楽制作作曲家としても活動中。

近年は海外での演奏活動も精力的に展開。
緻密なフィンガーピッキング奏法にR&B/Hip-Hopのテイストを取り入れた楽曲、演奏スタイルで国内外で高い評価を受けている。

経歴も演奏も凄い方です。

それでは本番レポートいきます!

本番スタート

入場と同時に『monologue』からスタートです!
ライトハンドにスラップと1曲目から会場を圧巻させていました!

演奏終了後、自己紹介と最初に使用したギターの紹介。
本日最初に使用したのは『EBG808 Tommy "Personal"』
こちら、アコギ1本で最高のパフォーマンスを演出するトミー・エマニュエルと同じ仕様のギターだそうです!
小ぶりながらも胴厚があり箱なりがする808シリーズmaton王道の1本です。
また、アコ―ステックタイプの形状上ミドルが前に出てくる為1,2,3弦がより綺麗に聞こえることを説明。

そしてその特性を利用した次の曲『September』を披露。『monologue』とはまたがらりと印象が変わり、サムピックを使ったスラム奏法でやさしく、しかし1つ1つの音がはっきりとした非常に心地よい曲でした。


次に使用したギターは『ECW80C』。
先程とは逆で次はドレットノートタイプの為、レンジが凄く6,5,4弦の重圧が半端ないです!
それを踏まえた上で次の曲カバーソングの『スイングしなけりゃ意味がない』を演奏。
低音の重圧感を指の強弱で切り替えており、あの振動がたまりません!

ここで一旦プリアンプの話をしてくれました。

ピエゾやマイクの各々の説明からMatonはピエゾとマイク2種類をMIXさせていたり、なりよりもMatonはブリッジ部分をボルトで締め上げているから音圧が高い!

本体だけでなくプリアンプにも力を入れてるからこそこの音色が出せるんですね!すごいよMaton!
ちなみにこの後自身の出版されている雑誌『SOLO GUITAR NEXT GENERATION 』の表紙撮影の時食中毒で40度の熱が出ていたと語ってくれました!
プロってすごいです。。。


さて、次の曲は先程の話からピエゾ単体でどのような音色になるかを披露!
曲は『ダニー・ボーイ』
やさしいアルペジオが会場を包んでいました。


そして次は持参のミニメイトンに変更!
こちらミニギターだからと言ってあなどるなかれ。
Matonはミニギターにも高い木材を使っている為、ミニギターとは思えない鳴りをしていました!
ちなみに井草さんはこのギターで1時間名古屋でライブをやり切ったそう!
そんなミニメイトンで披露して下さった曲は『Back to Basic』
ほんとにミニギターとは思えない音色に感動です。


ここで3度目のギターチェンジ!
お次は『EBG808C』です。
こちらはボディーがカッタウェイになっており最初の『EBG808』よりはハイポジションが弾きやすくまさにソロ向けのギター!またサイド材にブラックウッドを使用している為ミドルが良く出るとも説明してくれました!
そんなギターで演奏してくれたのは『Sunday Morning』
ギャロッピング奏法がいい味を出している素敵な1曲でした。


次はSRSシリーズについて説明してくれました。
主にはトップがシダー材になっている為タッチが軽く演奏が簡単になるそう!
またブレイシングをスキャロップド加工されているため軽く速弾きにも強いそうです!
そんな『SRS808C』で演奏してくれたのは10月に発売の井草さんニューアルバムから『Feel So Good』
是非とも皆様チェックしてください!


そして次が最後の紹介となる『EBG808 Artist』に変更!
Artistは808の上位機種となりサイドにブラックウッドを使用しています。
またギターというのは個体差があるのですが今回展示されていた『EBG808 Artist』は木目と鳴りを井草さんが絶賛しておりました!
鳴りも大事ですが見た目も大事ですよね!
そして曲は『After the Rain』を演奏してくださいました!
1つ1つの音が際立って心地よいメロディーを奏でていました!


ここでアンプを通さない生音で演奏するとどんな音になるかを紹介!
お客様からの要望で再度登場ミニメイトン!
前日も倉敷でイベントがあったのですがその時もミニメイトンが選ばれたそうです!
そして演奏してくださったのは『Smile』
ミニギターの生音をなめていました!
アンプを通さずともここまでの表現力を出せるのかっという印象でした。


会場が盛り上がってる中、くしくもお時間で次が最後の曲です。
再度『EBG808 Tommy "Personal"』にギターを変更し最後の曲は井草さんの『花火』です!
やさしいアルペジオからはじまったと思いきやいきなりのライトハンド!
最後まで会場を飽きさせない素敵な演奏でした。
以上で「Feel the Maton」は終了!


「Feel the Maton」終了後はアンプやエフェクターそのままにサイン会や試奏会!
さっきまで井草さんが使っていた同じ機材で試奏が出来るのは魅力的ですよね。
またサイン会も盛り上がってましたよ!

以上で全て終了です!
店内でのイベント参加ははじめてで一番お客様目線で見る事が出来たと思いますが正直凄いの一言です!
これから先も展示会や試奏会あるかと思いますが、まだ来た事ない方はぜひぜひ足を運んでみて下さい!
きっと後悔させませんよ!それではっ!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。