吉田のウクレレ日記 No.2

皆さまこんにちは!旭川店ウクレレ担当の吉田です!
8月になり暑い日が続いていますね。
夏と言えば、BBQ!!
今年の夏はウクレレを連れて夏を楽しんでみてはいかがでしょうか!

そして旭川店に新しいウクレレがやってきました!
その名もCOTONE!!!!!

COTONEとは

画像
年々、希少な資源になっていく世界中の「トーンウッド」と言われる木材を使い、世界的にも弦楽器製造に定評のある日本国内で丁寧に制作をしております。
また使用木材を「ハワイアンコア・マホガニー」などのウクレレの定番材にこだわらず、伝統的なスタイルを残しながら、ハワイアンスタイルのサウンドだけではなく、様々なジャンルの音楽にチャレンジできるように開発をしました。

最初の1本にはもちろん、2本目3本目をお考えの方にも
ぜひ手にとっていただきたい商品です!

今日はこちらのCOTONEをご紹介いたします!

画像
CS3Sというウクレレです!
伝統的な12フレットジョイント・14フレット仕様のソプラノサイズのウクレレです。
ボディ材に使用されている「オバンコール」は、アフリカ原産のマメ科の木材です。美しいストライプ模様の木目を持っています。音色は軽やかさの中に、コシと少しの粘りを持っているので、コード伴奏などで「ジャカジャカ」とかき鳴らしたり、親指で優しく「ポロン ポロン」と奏でたりなど、ウクレレらしさが詰まったモデルです。
ペグ(糸巻き)は、ギアペグの採用によりスムーズなチューニングを実現しています。
画像
ヘッドのデザインはCOTONEの「C」に、日本発ということで浮世絵的な日本を感じさせるデザインでとってもおしゃれ!

国産ならではの音をぜひ聴きにご来店下さいませ!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。