サックスの選び方【2月24日、25日フェア開催!】

皆さまこんにちは!管楽器担当の中嶋です。
今回は吹奏楽、ジャズ、ロックなど様々な場面で耳にすることが多いサックスについてご紹介致します!
管楽器の中でも音が出しやすいと言われているサックスを始めてみませんか?
画像

サックスの主要メーカー

YAMAHA

画像
総合楽器メーカーとして有名なヤマハではサックスも作っています。
主力モデルは初心者~中級者向けの量産モデルとなっており、62シリーズはヤマハのベストセラーと言われるほど、使用している方が多い機種になっています。(私中嶋も62のテナーサックスを使っています!)
学校備品等の多く導入されている等、一定の評価があります。
また他の管楽器に比べると、ヤマハのサックスのラインナップは充実しておりますし、
各音域のいずれのサックスでも定評があるので、ご検討の中心に置くとよいと思います。

YANAGISAWA

画像
数々の名器を作って来た、国産サックス専門メーカーです。
特に金属の使い方には定評があり、国内外の各メーカーが様々な面で手本としているメーカーです。
ブロンズを使った、WO2、WO20シリーズが人気機種になっています。
最近は吹奏楽でもハイグレードな管楽器が採用されている事もあり、
専門メーカーのハイグレードモデルを含めてご検討というケースも多いのですが、
その中でも特に人気の高いブランドです。

H.SELMER

画像
数々の名器を作って来た、輸入サックス専門メーカーです。
往年の名器と呼ばれているマーク6などオールド物にも人気があるブランドです。
他メーカーがサックスを製作するにあたり、見本としてきた楽器ですので、
サックスの歴史を知る上でも、一度は手に触れてみると良いブランドです。
人気モデルとしてはシリーズ2、シリーズ3などがあります。

サックスの材質

サックスの材質は主に真鍮という、亜鉛と銅の合金が使用されています。
その真鍮に含まれる銅の割合によって音色、吹奏感に特徴がでてきます。

イエローブラス

画像
最も多く使われる真鍮の種類で、銅70%、亜鉛30%の材質です。
音色は明るめで吹奏感は軽めになっており、初心者向けの材質です。

ブロンズブラス

画像
赤みのある材質が特徴です。
代表的なモデルはヤナギサワのWO2、WO20シリーズに使用されています。
イエローブラスよりもダークな音色が特徴的で、吹奏感は重めになりますが、吹奏楽、ジャズなどジャンル問わず活躍できます。

2月24日、25日サックスフェア開催!

画像
2月24日(土)、25日(日)の二日間限定でサックスフェアを開催致します!
旭川店音楽教室サックス講師による演奏会&体験会も開催いたします。
普段なかなか見ることのないモデルが店頭に並びます。この機会にぜひ、ご来店お待ちしております。

詳しくはこちら↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。