【Suhrブログ】Suhrで考えるハイエンドストラトタイプの選び方(基本知識)

Suhrで考えるハイエンドストラトタイプの選び方(基本知識)

今回は、今まであまりふれてこなかった、基本となるサウンドキャラクターの根本的な部分を、あくまで私の答えではありますがご紹介致します。ギター選びで悩まれている方の何かお力になれればと思い書いています。Suhrだけでなく他ブランドのストラトタイプにも応用出来ると思いますのでご参考になれば幸いです。もちろんルックスで選ぶも良しですが、せっかくなのでご自身の求めるサウンドイメージにあわせてセレクトして行きましょう。

まずストラトタイプと言うキーワードで重要となるのが何を持ってストラトと感じるかです。ボディ形状、構造をストラトとするか、サウンドの傾向をストラトと考えるか、まさにロックはジャンルか精神かに近いと思います。

ストラトをサウンドと考えた場合は、多くの方が思い描くのはFENDERストラトキャスターの音の特性だと思います。今回は形状や構造を指す場合をストラトタイプサウンドを指す場合はストラトサウンドと分けて解説して行きます。ご紹介する内容は、ストラトタイプで、ストラトサウンド、ストラトハムサウンド、レスポールサウンドの3パターンです。

各仕様を代表するアーティストのモデルもご紹介致しますので、サウンドイメージはつかみやすいと思います。ポイントは、木材の構成とピックアップとの組み合わせです。では、各項目を詳しく解説していきましょう。


①まずは土台となる木材を決めて行きます。

まずは最重要項目である木材チョイスを考えて行きます。ここが全ての土台になり、その後のピックアップ選びにも影響を与えます。※今回は奇をてらった組み合わせは一度無視します。

・ネック(メイプル)×ボディ(アルダーorアッシュ)

→これらは王道のストラトサウンドを得たい場合に有効です。指板はお好みで

・ネック(マホガニー)×ボディ(マホバック、メイプルトップ)

→レスポール系のサウンドを得たい場合に有効です。指板はローズ、エボニーの方がよりバランスが良いです。


➁木材とピックアップの組み合わせを考えましょう

ピックアップのバリエーションは、シンプルにシングルコイルかハムかで考えて行きましょう。モデル毎の解説は今回は省きます。先ほどの木材の組み合わせにピックアップも加えると3タイプに分かれます。ご紹介する3本のアーティストモデルは、まさにプレイスタイルと本人が求めるサウンドが明確です。Suhrのストラトタイプと言う事は共通していますが、それぞれの方向性でのまさに完成形と言えるモデル達です。


タイプA ネック(メイプル)×ボディ(アルダーorアッシュ)×シングルコイル

スリーシングルの王道のストラトサウンドを得たい場合に有効です。SSCⅡを搭載する事でノイズレスに楽しめます。ブリッジはシンクロが良いでしょう。


 Suhrの代表モデル:SCOTT HENDERSON SIGNATURE CLASSIC



タイプB ネック(メイプル)×ボディ(アルダーorアッシュ)×ハムバッカー

レスポール的では無く、あくまでベースはストラトでハムサウンドを得たい場合に有効です。シングルコイル使用時は王道のストラトサウンドを楽しめます。

この場合のピックアップは、PAFのサウンドを狙わずに、ストラトに搭載する事を想定したAsatobuckerもしくは、ssv系の相性が良いです。そしてピックアップのセレクト次第で80’Sのハードロック、メタルサウンドを狙える組み合わせです。その場合は、フロイドローズを搭載する事でサウンドは完成します。


Suhrの代表モデル:Mateus Asato Signature




タイプC ネック(マホガニー)×ボディ(マホバック、メイプルトップ)×ハムバッカー

レスポール系のサウンドを得たい場合に有効です。マホネック、マホバック、メイプルトップにハムバッカーを搭載する事でストラトタイプの演奏性でレスポールサウンドを楽しめます。

Suhrの人気ピックアップ、Thornbuckerの魅力が最大限に発揮されます!それもそのはず、ピートが目指したのはレスポールサウンドでストラトの演奏性です!


Suhrの代表モデル:PETE THORN SIGNATURE GUITAR



つまり、ハムの場合は、欲しいイメージがストラトハムサウンドか、レスポールサウンドをイメージしているかで変わって来ます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?少しでも求めるサウンドが得られる楽器選びの参考になれば幸いです。

今回はふれませんでしたが、プレイスタイルと出したいトーン傾向により、ブリッジや、ペグ、フレット等、その他の金属パーツもしっかりとセレクトして行きましょう。

そして、ご紹介した以外にも木材のバリエーションはございます。カスタムオーダーをお考えの方のご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。



柏店のSuhrはホームページでご覧頂けます!

柏店のSuhr総合案内ページはこちらをクリック


デジマートへ掲載しています!

当店のSuhr最新在庫状況は、こちらをクリックお願い致します


ギターアドバイザー:店長 金沢(カナザワ)紹介

中学でkinkikidsがTVでギターを弾いている姿を見て地元成田の島村楽器でアコギを購入しギターを始める。高校時代はLUNASEAに憧れ、バンド活動をスタート。INORAN、SUGIZOモデルは今でも多数所有。その後、音楽学校メーザーハウスでギター演奏と音楽理論、アレンジを学ぶ。卒業後は2002年頃より、ギタリストとしてプロ活動をスタート。スタジオ、アーティストサポート、楽曲提供、講師、デモンストレータ―を経験した後に、10代より縁があった島村楽器に入社。現場経験を生かした機材選びや、サウンドメイク、演奏のレクチャーを得意としています。アンプ直で良い音を出す方法から、コンパクトエフェクターのボード組み込み、デジタルエフェクターを駆使したMIDI制御の大型ラックシステムの構築まで、ギターサウンドの事は何でもお気軽にご相談ください!基本的にはコンポートネント系のストラトキャスターが好きで多数愛用しています。好きなブランドは、Suhr、好き過ぎて気が付いたら8本。。。アンプもSuhrです。。。その他の所有楽器は、Sadowsky NYC、TOMANDERSON、DONGROSH、JWB、JIMMYWALLACE等、プレイに影響を受けたギタリストは、ラリーカールトン、スコットヘンダーソン、パットメセニー、マイケルランドウ。好むジャンルは、JPOP、ロック、フュージョン、ブルース、ジャズ、ゲーム音楽。皆さんお気軽に声をかけてくださいね!

愛用のSuhrを紹介しています

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。