【教室講師ブログ】ギター科露木先生 ~ボサノバなテレワーク編~

皆さま、島村楽器有明ガーデン店のシマブロをご覧いただきありがとうございます。開業日が延期となっており、オープンを楽しみにお待ちいただいている皆様には大変ご迷惑をおかけしております。オープンはまだ先になりますが、開業に先駆けまして当店で開講予定のギター科露木先生にをご紹介をさせていただきます。

今回は「ボサノバなテレワーク」というテーマで露木先生に登場してもらいました♪

では、露木先生のブログをお楽しみください~♬

ギター科講師 露木 達也(つゆき たつや)先生

初めまして、ギター科担当の露木です。ロック少年から始まり、現在はジャズやボサノバを中心にカフェやバーでの演奏、アコースティック系のポップスのサポート、またTVドラマ、CMなどのスタジオワークなど幅広く演奏活動をしています。生徒さんお一人お一人と楽しくコミニュケーションを取りながら一生楽しめるギター&音楽ライフをご提案出来ればと思っています。宜しくお願い致します!


Let's テレワーク♪

自粛が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

普段は全国津々浦々演奏に足を運んでいる私ですが、

今回はお互いの自宅から録画録音したボサノバなテレワーク作品を作りました。

お相手は一緒に活動を続けている歌手の行川さをりさん。

彼女はご存知の赤い看板に黄色いMな某大手ハンバーガーショップのCMのたらったったった〜♪

のメロディを歌っていたりで実は皆さん一度は耳にされている歌手の方です。

僕も数年前にゴールデンのドラマの主題歌を一緒に演奏したりしましたよ〜。

楽しんで頂けたら嬉しいです!気に入って頂けた方はチャンネル登録も是非。

行川さんと私で活動しているDuoユニットsporのHP

https://spor-musica.tumblr.com

ボサノバの癒しサウンドの秘密(奏法やおすすめ弦など)

ボサノバではナイロン弦のアコースティックギター(クラシックギター)を使用します。

柔らかく暖かい音色が特徴で、基本的にフィンガーピッキング(指弾き)で親指でベース、

人中薬の三本でコードカッティング(バチーダといいます。バチーダはポルトガル語で「刻む」の意)の役割で演奏します。

ポロンと弾いた音色だけで癒されてしまう、フィンガーピッキングとナイロン弦は正に黄金の組み合わせと言えますね。

余談ですが、実は聞くだけてリラックスしてしまうあのウクレレもナイロン弦なのです!


まずは入門編として品質も安定していてピッチ(音程)も良くリーズナブルなダダリオ社 プロアルテ ノーマルテンションがオススメです。

D'Addario(ダダリオ) プロアルテ ノーマルテンション EJ45

ちなみに僕は普段使いとしてこのプロアルテのハードテンション、たまにレコーディング用で高品質なハナバッハ黒の弦も使用しています。

D'Addario(ダダリオ) EJ46 プロアルテ ハードテンション

HANNABACH(ハナバッハ) 815MT BLK

最近ではフォークギターに張る事ができるフォークナイロンと言うボールエンドのナイロン弦もありますので、クラシックギターをお持ちでない方も試してみて下さい。

D'Addario(ダダリオ) EJ32C フォークナイロン弦

最後に

今回はボサノバのトピックに絞りお話させて頂きましたが、

フォークやポップスの弾き語り系のアコギをやってみたい方

格好良いバンド系のエレキギターでソロをバリバリ弾きたい方、

ご経験者でジャズ的なアドリブや理論などステップアップをしてみたい方、

何となく露木と話して見たいと思った方(笑)

是非、一度体験レッスンをお申し込み下さい。

一緒にギターを楽しみましょう〜!!


お問い合わせお待ちしております♪

露木先生ありがとうございました!ボサノバはこれからのシーズンにピッタリですね♪

露木先生は火曜日にギター・キッズギター教室開講予定です♪

皆さまのお問い合わせ心よりお待ちしております!

ブログの方も次会をお楽しみに~♬

ギター・キッズギター教室 露木達也先生

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。