スタッフレコメン!!~ギター・ベース編~

日頃音楽を楽しんでいる中でなかなか気づけないこともいろいろありますよね。
そこで音楽生活をより良く楽しむ際のお役立ちとなるようなヒントをお伝えできればと思います。

皆さんこんにちは!エレキギター・ベース担当の土田です!
皆さんはギター・ベースを練習する時に姿勢を意識して練習していますか?私は基礎練習や運指トレーニングする際に最も意識する事は姿勢です!
どんなに効率の良い練習法があっても姿勢が悪いと思った様に弾く事は出来ません。現に、クラシックの演奏家は100%姿勢を意識します。
例えば、ピアノの演奏する際に椅子に座る時は骨を意識します。背骨や骨盤を意識し、良い姿勢で演奏する事が素晴らしい演奏の絶対条件なのです。猫背になっていると肘が下がり、運指も難しくなりタッチにも影響します。

そんなワケで今回私がご紹介するのは、重量、バランス、スケール感などの設計を根本から見直し、特に立奏時に抜群のフィット感を生み出すことをコンセプトにしたオリジナル・デザイン。華美な装飾や希少な銘木なんていらない。あるのは、シンプルだけど良質で徹底したプレイヤー目線のみ!世界中のギタリスト・ベーシストよりも力強いステージングを得意とする日本人に贈る、最高峰のライブパフォーマンスギア"RYOGA"です!!

座って弾く場合

一般的なギターを座って弾いた場合

RYOGAを座って弾いた場合

人間の体は俯いたり下を見ると、腕が動き辛くなるようです。綺麗な姿勢で演奏する方が上達も早いと言えます。

また、サウンドにも影響が出ます。姿勢が悪い状態ですとピッキングをする腕の安定性が無くなり、弦と水平にピッキングが出来なくなります。つまりいい音が出し辛くなるという事です...
RYOGAは座って弾いた場合でも指板が見やすいので綺麗な姿勢で演奏出来ます。
指板を覗き込んで徐々に姿勢が悪くなるという事が少なくなりますね!

立って弾く場合

一般的なギターを立って弾いた場合

RYOGAを立って弾いた場合

俯いて弾くのと、きちんとした姿勢で弾くのとではカッコよさが全然違いますよね!ライブで竿隊が全員下を向いて演奏している所はカッコ悪いです!!
特に立っている時は姿勢を良くしよう!と意識し続けると緊張してスムーズな運指が出来なくなります。ですので少しでも楽な姿勢で演奏出来るRYOGAが上達の近道なんです!!!

楽器の上達は姿勢から!

如何でしたか?今回はギター・ベースに限りましたが、どの楽器も姿勢はとても大事です!(楽器に限らずですが・・・)
伸び悩んでいる人は練習も大事ですが自分の姿勢を見直しましょう!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。