【店長Blog vol.10】新発売のサイエンスな弦。

時代はトリートメント!?新しい弦入荷しました。

1日中イオンの中で過ごしているので外の様子がまったくわからないのですが、
外はかなり寒いのでしょうか…。
そんな日は、家の中で弦交換でもしながら過ごしましょう。
そして!さらに外に出ないで済むように、一度換えたら長持ちするコーティング弦はもはや常識ですね。
しかし、ここに新たな弦が登場しました。

acoustic science(アコースティック・サイエンス)

画像
じゃじゃんっ!
それがこちら、『acoustic science(アコースティック・サイエンス)』です。
表記をよく見ると、
『PREMIUM TREATED GUITAR STRINGS』とあります。
要するに、『トリートメントされたギター弦』ということです!

コーティング弦とどう違うの?

画像
ブロンズやニッケルの上に薄い膜を作り、錆びを防止するのが従来の『コーティング弦』です。
普通の弦の何倍も長持ちするというお得な弦ですが、
普通の弦より触り心地がすべすべするという特徴があります。

今回の『トリートメント』は、ナノレベルの薄さの分子の層で汚れ・錆びを防止するそうで、
触り心地も変わらないまま長持ちする、ということです。

ホントなの!? と、いうことで。

さっそくギターに張ってみました。
パックを開けると、
画像
中には乾燥材が入っています!親切!
画像
そして弦はこのブロックのようなものが付いており、
このブロックから弦を引っ張り出すことで、弦のまき癖が自動的に取れるという仕様になっています。またしても親切!
画像

肝心の触り心地は…?

2本のギターにそれぞれエリクサーとアコースティック・サイエンスを張り、
アコギ担当の木村さんと、店長高橋で試奏しました。
画像
髙橋:触り心地が全然違う!アコースティック・サイエンスは本当に普通の弦と変わらなくて弾きやすい!
木村:エリクサーの方が柔らかく感じて弾きやすいかも…

と、2人の意見は真っ二つに分かれました…。

それぞれ良い所があるので是非試していただきたいと思います!

問い合わせや、ご質問はこちらまで!

店舗 イオンモール船橋店
電話番号 047-437-6595
店長 高橋愛生(たかはしあおい)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. yoshihito i より:

    アコースティクサイエンスのフォスファーは、とても気に入っているが、梅田ロフト置いていない。残念。石橋楽器で購入したものの、ここも在庫がなくなり次第・・・といった様子。 張りたてよりも、1ケ月位立つと、気持ちいい音に・・・
    ちょっと弦ノイズが多めですが、これもまた趣のあるノイズの音。弦が指に吸い付く感じ・・・これはエリクサーと全く違う。
    すぐに、弦の色は、すぐにくすんでしまいますが、ここからが他の弦とは全く違います。現在3セット目使用中。毎日弾いても、3ケ月は、十分いい音を保てます。
    梅田ロフトにも置いてね。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。