管楽器の取り扱い♪

みなさま、こんにちは!!

シマブロ初登場のニイサクと申しますm(__)m

管楽器担当をしております!

どうぞよろしくお願い致します♪

さて、シマブロデビューの今回のテーマは!

『金管楽器編:主管抜差管の取り扱い』です!

↓↓トランペットはコチラ↓

画像

↓↓トロンボーンはコチラ↓↓

画像

主に音程調節のために大活躍な主管抜差管!

またの名をチューニング管ですね!

今回はコチラの取り扱いについてお話したいと思います♪

スライドグリスを塗った後に、くるくる横軸方向に回してしまっている方、結構多いのではないでしょうか?

実はそうすることによって楽器に負担がかかってしまうのです(>o<;)

何故かというと??

普段抜差しすることによって縦軸にキズがつきます。

キズと聞いて「それって大丈夫なの!?」と思った方。。

大丈夫です!縦軸方向は問題ないのです!

しかし!!横軸にキズが入ることによって最終的に抜差管が抜けにくくなり、無理矢理抜こうとした結果曲がってしまう可能性が出てしまうのです(;o;)

なので、スライドグリスを塗ってなじませる時は管を入れながらくるくる回さず、縦軸方向だけに抜差しするように心がけてください♪

以上!主管抜差管の取り扱い講座でした♪

次回は木管楽器編を予定しています(^^)

どうぞお楽しみに☆管楽器担当ニイサクでした!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。