【レビュー】アコギブランド「Ayers」の新製品を前田琴音とスタッフ田中が弾いてみた

歌うたいコンテスト決勝大会進出アーティストによるレビュー

シマブロをご覧の皆様こんにちは。

自粛期間中の影響で以前よりさらにもっちゃりしてきたので、先月から毎朝ジムで筋トレをしてから出勤しているのですが、体重が少し減れば油断してお昼にラーメンを食べてしまい元に戻る日々を繰り返しています。
あべの店ギターアドバイザーの田中です。

さて、今回は歌うたいコンテスト2018の決勝トーナメントに出演したシンガーソングライターの前田琴音ちゃんをお迎えしてオールハンドメイドアコギブランドAyersの新製品エレアコをレビューしてもらいたいと思います!!

と、その前にベトナムに工場拠点を置くエアーズギターのことを少しご説明いたします!

Aysersとは

世界中のギター工場の多くがロボットを導入し塗装,バフがけ,ネックの成型などはすでにコンピューターが制御しています。

また,現代ギターを作る多くの工場では外部で加工されたパーツを買ってきて節約する事が普通の時代になり,すでに多くのギターは手工品から半手工,半ロボット化しています。これでは完成されたギターにクラフトマンの思いが感じられないのも無理はありません。

日本人とベトナム人に共通しているのはハンドメイドの緻密さ,手工品の価値を理解する所にあると思います。

完全手工ギターだけが持つ存在感。きっとあなたにも感じていただけると信じております。(Ayers Webサイトより引用)

インタビュー&レビュー開始!

スタッフ田中「お忙しいところ来ていただいてありがとうございます!よろしくお願いします!」

前田琴音「とんでもない!よろしくお願いしまーす!」

(以下、スタッフ田中は、前田琴音氏は)

た「ではエアーズの新しいギターをレビューしてもらう前に琴音ちゃんが以前から愛用しているエアーズのギターの紹介から軽くお願いします。」

こ「はい!1年ぐらい使わせてもらってて型名はSJ07E-CX JP CUSTOM(詳細はこちら)です。サイズはスーパージャンボですね。コンターが赤くて可愛くて、音もめっちゃ気に入ってます!」

た「このコンターの感じはあんまりほかにはないですよね。エアーズギター上位機種の大きな特徴かなと思います。
で、今回のこのギターはAC-SOL ESN JP Custom詳細はこちらという型名でAysers初のエレアコです。
ルックス的に言うとボディのコンター部分がなくなって、パーツかクロームになってるね。」

こ「コンターがない分すっきりした見た目になってるからパーツはゴールドじゃなくクロームのほうが雰囲気出ててお洒落ですね!サイズも私のやつより少し小さくなってますかね。」

た「間違いない!ルックスいいよね! 琴音ちゃんのギターはもともとピックアップがなかったからL.R buggsのマイクタイプのものを後付けしたよねたしか。」

こ「そうです!このギターの生音がめっちゃ気に入ったからピエゾではなくてマイクタイプにしよう!って感じでした。」

た「それに比べて、このギターはSuperNaturalピックアップ(詳細はこちら)というピエゾとコンタクトタイプ2つのピックアップが搭載されて、3バンドイコライザーになってるみたい。曲によって手元でコントロール可能やからこれはこれで強みあるよね。」

こ「これいいですよね!
ライブだったりをする人はPAさん任せにならずに自分の好みの音が自分で選べるから便利ですね。
私はピックでストロークする曲と指弾きのアルペジオで若干出音を変えたいからこの機能は羨ましいです。」

た「弾いてみた感じはどうですか?」

こ「私はカポを使うことが結構多いんですけど、ギターによってはカポすると低音が少し軽くなってしまうというか、シャリっとなりすぎるギターもあるんですけど、これはカポしても音のキャラクターが変わらなくて低音の温かみがなくならなくてすごくいいです。」

た「弾き語りスト的にはそれは大事よなー。
あとはイコライザーの横に付いてるスイッチを押すと音色のキャラクターが変わって、あとはイコライザーで好みに微調整ができるという仕様のようです。」

こ「(スイッチポチポチして弾いてみる)
あ!ほんまや!全然違う!
ここまで音色が変えられると作曲の幅も広がりそうです。
柔らかい音とそうじゃない音とで弾くと曲のアイデアもだいぶ変わるでしょうから、曲作りも変わりそうです!」

た「なるほどです。」

こ「スタジオ入った時とかに音作りの練習もできそうですね。
あとは路上ライブの曲の合間でもアンプまで行ってイコライザーいじらなくても手元でスピーディーに音色調整できるのもいいです!
路上ライブは曲の合間長かったら見てくれてる人はすぐ帰っちゃいますから、、。」

た「なるほど。路上ライブならではの悩みですね、、。」

こ「そしてなにより弾きやすい!シンプルに音が良い!
私的にはもうこれにつきます!
そんで重くない!おばあちゃんになっても弾ける!98歳まで弾けそう!
ネックもちょっと薄いんですかね?女の子でも弾きやすそうです。
やっぱり良いギターは弾きやすいです!これから本格的に長くやりたい人にはピッタリかと!」

た「それだけの価値があるギターってことやね!
ほんじゃ軽く弾いてもらいましょうかね!」

た「ありがとうございます!
めっちゃ良い音聞かせてもらいました!
それでは最後に琴音ちゃんの今後の活動なんかを聞かせていただけますか?

こ「はい!大阪城ホールワンマンライブを目標に活動してます!しゃべくりシンガーソングライターの前田琴音です!
来年の1月23日に梅田のバナナホールで大阪城ホールワンマンライブへの道〜500人集めちゃいました〜というサードワンマンライブを行います!」

た「前回のセカンドワンマンライブも大盛況だったようで。」

こ「そうですね!
あべのロックタウンで250人ソールドアウトと大成功してるので、次回はその倍以上!600人目指してがんばりたいと思います!
配信ライブとかTwitter、YouTubeやHPもやってるので是非チェックしてください!よろしくお願いします!!」

た「はい!ではしゃべくりシンガーソングライター前田琴音ちゃん!ありがとうございました!!」

こ「ありがとうございました!!」

前田琴音 プロフィール

2018年5月からギターを始め、6月から音楽活動を始めました。
タレントになりたいという夢を持ちながら、大阪城ホールで歌うことを目標に「しゃべくりシンガーソングライター」として活動しています!
実体験をもとに作る曲がほとんどで、恋愛の曲や、夢に向かって走っている一人一人の背中を押せるような歌を作っています。

Twitter

Youtube

お問合せ

店舗名 あべの店
電話番号 06-6624-2511
担当 田中

電話をかける

この記事の投稿スタッフ

担当者 田中 雄平
プロフィール アコースティックギター、エレキギター、エレキベースとギターアクセサリを担当しております。十代の頃からずっと音楽三昧で、特にバンド活動ばかりしていました。パンクバンドに始まり、ハードロック、ブルースやファンク、時にはヒップホップカバーバンドまで兎に角たくさんのジャンルをプレイしてきました。
バンドだけではなくアコースティックギター1本だけを持って数年間世界中を放浪していた時期もあります。
楽器以外には革靴とジーパンが好きです。もし楽器店のスタッフじゃなかったらジーパン屋さんで働きたいですね。楽器も靴もジーパンも使いこんで自分色に染めるのが好きなのです。
お客様と同じ目線で個々に合った楽器選びをさせて頂きます。店頭で私を見かけた時は是非お声がけください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。